ごぼうのカロリーはどれくらいか

食物繊維豊富なごぼうは、食べ応えがあり栄養価も高い為、ダイエットにいい食材と考えられています。しかし、調理方法によってはご飯が進みすぎてしまう為、ダイエットで食べる場合には味付けや食べ方を工夫しましょう。

どんな調理方法なら栄養価を減らさず
ダイエットに効果的か調べて作る事が、体重減少につながります。

低いといわれるが野菜の中では高め

意外に思う人もいるかもしれませんが、低カロリーといわれているごぼうは、100gで約65kcalと野菜の中ではカロリーが高い部類に入ります。100gで18kcalの大根や100gで39kcalのニンジンよりも高めです。糖質量は9.7gで、他の野菜よりも多少高いといいます。

カロリーを抑えて取り入れたいなら

野菜としてはカロリー高めですが、調理方法によって高くも低くもできます。きんぴらごぼうやごぼうサラダで使われる砂糖やみりん、マヨネーズの量を抑えることでカロリーを抑えられるでしょう。

また、お茶にすることで摂取カロリーを抑え、栄養素を取り入れることができます。皮は絶対に剥かず、水洗いで汚れを落として使ってください。あく抜きをするとポリフェノールが減少してしまう為、特にあく抜きをする必要はありません。

どんな栄養素が含まれているのか

食物繊維は他の野菜と比較しても高めで、水溶性が2.3g、不溶性が3.4gとなっている為、便秘対策に最適です。イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維は血糖値上昇・コレステロール吸収抑制効果があり、不溶性のセルロースは腸内の中にある有害成分を排出する効果があります。

また、オリゴ糖によって善玉菌を増やして腸内環境を整える効果、利尿作用の高いカリウム、生活習慣病予防にいいリグニンと、身体に良い栄養素が豊富です。カリウム・カルシウム・マグネシウムも含まれており、生活習慣病が気になる人やお通じが気になる人におすすめできます。

生活習慣病対策に取り入れたい

他の野菜よりも比較的高カロリーと考えられるごぼうですが、調理方法や食べる量を考えて取り入れればダイエットに良いといえます。みりんや砂糖、マヨネーズをできるだけ取らないように気を付け、ごはんが進みすぎないよう味付けを工夫しましょう。

炭水化物が多少含まれている為糖質制限ダイエットにはあまり向いていません。しかし、運動とカロリーオフを考え、食物繊維を取り入れて健康的に痩せたい人にぴったりです。